モモがきく 2017.08.15 ソニーのプログラミング学習キットはママ目線で作られた!?【KOOV後編】

巷で話題のプログラミング学習キットですが、ソニーグループでももちろん作っています! それが「KOOV」。聞くところによると、KOOVの開発には実際のママも携わっていたとのことで、今回はそのあたりをソニー・グローバルエデュケーションの小出さんにインタビューしてきました!

モモ改めてだけど、
ママ目線で見たKOOVの良さは?

小出さん第一はデザインですね。

モモ確かにカワイイ!

17081501_01

小出さん自分も目の当たりにしていますが、
子どもたちのワークショップなどで
KOOVを最初に見せたときには、
だいたい「わーすごい!」ってなりますね。

子どもは興味がなかったら
ポイって感じになっちゃうので。

モモ 他には?

小出さんあとは、アプリの学習コースの中で、
アプリの使い方を教えてくれる
あいぼう」がいるんですが、
この相棒がアドバイスをくれたり、
わからないところで教えてくれたりするんです。

モモいたいた! 3種類から選べるんですよね。

17081501_0a

小出さん相棒が子どもに寄り添いながら、
一緒に学んでいける、覚えていける
というのもKOOVの良い点だと思います。

モモ寄り添う!
なんだかPostPetのモモと
同じ存在みたいで、うれしいかも。

17081501_02

小出さんそうね、同じかも(笑)。
ママはみんな忙しいから、
子どもが学習する時に、
付きっきりでいるのはなかなか難しい。

だけどKOOVであれば、
相棒がいるから子ども一人でも遊べますし。

モモそうですね。

小出さん また、親子で
コミュニケーションを取りながら
学ぶこともできるので、
その点も優れていると思います。

モモプログラミング学習は2020年から
小学校で必修化予定だって聞きました。
それを子どもと一緒に
遊びながら学べるって、とても魅力ですね。

小出さん コミュニケーションツールとしても優れていて、
子どもはもちろん、
大人も楽しめるものですし、
体験会で父兄のほうが熱中して、
子どもに付きっきりで
1時間くらい教えている親もいたり。

モモうふふ。
なんだか、目に浮かぶなー。

17081501_03

小出さんあと、意外と
おじいちゃんでKOOVが好きって人は多い。

おじいちゃん世代って
ソニーファンが多いんですけど、
体験会におじいちゃんと孫(とその母親)
で来る世帯もよく見かけます。

モモなるほどねー。

小出さんプログラミングをフックに
3世代でコミュニケーションが取れますし、
もしもKOOVをおじいちゃんが買ってきても、
ママも「おじいちゃん、またおもちゃ買ってきて」
って怒らない(笑)。

モモ買ってきてくれたら、
逆にうれしい(笑)。

KOOVって、いいお値段するし!

小出さんあ、そうなの(笑)。
家計のことを考えると、
KOOVの金額はちょっと高い印象がある。

でも、プログラミング教室に
通わせることを考えたら、
全然安いともいえる。

もちろん、教室で得られる内容は特色もあるし、
それぞれに良さがありますけどね。

モモ小出さん、そもそも的な質問してもいい?

小出さん お願いします。

モモソニーがなぜ
教育コンテンツであるKOOVを作ったの?

17081501_04

小出さん普通、そう思いますよね。

モモソニーはウォークマンをはじめ、
オーディオビジュアル機器のイメージが強いけど……。

小出さん実は遡ること1946年。
ソニー創業者の一人である
井深大が起草したソニー設立趣意書の中に、
国民的科学知識の実際的啓蒙活動」、
つまり教育について書かれているんです。

モモ設立趣意書に!
そうだったんですね。

小出さんもともと教育を重視している会社で、
1972年からソニー教育財団を通して
理数系教育をサポートする活動をしているんです。

1980年代には、音響機器から
科学への興味を触発したいという想いから、
児童向けのオーディオビジュアル機器
「マイ・ファースト・ソニー」を開発したり。

モモマイ・ファースト・ソニー、懐かしい!

17081501_0bマイ・ファースト・ソニーの商品の数々

小出さんソニーの事業活動には、
もともと教育というテーマがあって、
それを今の時代にあわせたカタチが
KOOVという商品なんです。

モモなるほど、
よーくわかりました。

小出さんありがとうございます。

モモあと、KOOVはロボットの印象が強くて、
男の子っぽいイメージがあるんだけど……。

小出さんそうですよね。
ロボットって男の子のイメージがありますからね。

KOOVの作例は現在23あって、
その中には女の子でも興味を持てるような
動物とか楽器とかもあるので、
誰でも楽しめると思いますよ。

17081501_0c左:オウムの作例、右:リスの作例

モモへー、どれもカラフルでカワイイですね!

小出さんそれにブロックがすごくきれいで、
実は女の子やお母さんに人気があるんです。

17081501_05

モモそれ、わかる。

小出さんブロック自体もよくできていて、
カラフルに感じるけど、色は7種類しかない。

いずれもシンプルで、
あえてブロックの種類を減らし
汎用性を高めているんです。

モモそうなんだ。
でも本当にカラフルできれい!

小出さんでしょ!

モモあれ?
モモのイメージカラーのピンク色がない!

小出さんうふふ。モモ、
これを光に当ててみて。
(と、小出さん、ブロックを光に当てる)

モモあ、重なった部分がピンク色になった!

17081501_06

小出さん透明感のあるブロックを使っているので、
色同士が混ざり合って見えるのもきれいなんです。

モモアクセサリーみたい!

小出さんブロック自体も少しざらざらとした手触りで、
無機質な印象を感じないと思います。

モモブロックも考えられて作られているんですね。

小出さん実はそうなんです。

モモそうだ、聞きたかったことがあったんだ!

なんで作例の中にモモがいないの?
同じソニーグループなのに!

17081501_07

小出さんモモ、いきなりきますね(笑)。
なんでないのかはわからないです。
ごめんね、モモ。

でも、実は今回の取材に合わせて
チームのメンバーがモモを作ったんですけど、
完成度がまだまだで……。

モモえ、そうなんですね!
うれしー!

小出さん今度、写真を送るね!

モモいつかラインナップに入ることを夢見て、
『モモなび』がんばります!

小出さん私たちもがんばります!

モモ最後になりますが、
小出さんは自分の子どもに
どんなふうに育ってほしい?

小出さん論理的思考力は身につけてもらいたい。
でも、考えるだけでなくて、
それをどう表現していくか。
「表現力」も大事だなと思っていて。

個人的な印象ですが、
今までの教育って、
決まったことを学ぶだけ
という感じがしていて、
アウトプットの仕方って
どこで教えてもらうんだろうって思っていました。

17081501_08

モモなるほど。

小出さんそれに、思春期に入ってくると、
表現するってことが
恥ずかしくなってきたりする子もいる。

それをちゃんとこう、
表現することは恥ずかしくないことなんだよ
っていうことも学んでほしいなあって。

モモうんうん。

小出さんKOOVの話に繋げてしまって恐縮でなんですけど、
例えばKOOVのアプリのなかに
「じゆうせいさく」というコンテンツがあって、
そこでは世界中の人たちが作っている作品を
見ることができるし、自分で発表することもできる。

17081501_0d

モモそうか、KOOVは表現力も養えるんだ!

小出さんそうなんです。
子どもには好きなカタチで自分を表現してほしいし、
そのためのお手伝いをしたいなって思っています。

モモKOOVがよくできていることは感じていたけど、
そこには小出さんはじめ、
ママや女性の視点や想いが
たくさん詰まってるからなんですね
よくわかりました!

小出さんこちらこそ本当にありがとうございました!
ママ視点のインタビューも初めてで楽しかったです。

モモこれからはママ視点の時代ですよ!

小出さんモモ、いいこと言う!

モモえへへ。

小出さんそうだ、モモの作例、
ラインナップに入るよう
社内で提案してみますね(笑)。

モモほんとに! 本気でお願いします!

17081501_09

ロボット・プログラミング学習キット
KOOV

KOOV™とは、ブロックで自由な「かたち」をつくり、「プログラミング」によってさまざまな「動き」を与えて遊ぶ、ロボット・プログラミング学習キットです。ロボット制作の体験を通じて、子どもたちの創造性や探究心、未来を切り拓く思考力を育みます。

モモなびの更新情報をお届けします。

ページトップ