モモがきく 2018.06.26 スピーディなサービス改善と手厚いサポートが好評、クラウド型勤怠管理システム「AKASHI」【後編】

ソニーネットワークコミュニケーションズの法人向け勤怠管理システム『AKASHI』の後編。担当する冨田さんから、手厚いサポート内容などを教えてもらうモモ。でも、良いことづくめのサービスに、モモはちょっと疑っている模様。冨田さんとモモのやり取りに注目してください。

冨田さん例えば、お客さまからは
『AKASHI』はサポートが良いね
ってよく言われます。

モモそんなに?

18062601_01

冨田さん使っていてわからないことがあったら、
画面を見ながらすぐ、チャットで質問できるんです。

しかも、
お客さまが見ている画面も共有しているので、
すばやく的確な回答ができます。

モモこれまでの長い経験と知見があるから、
その場ですばやく、的確に答えられるんですね!

ちなみに、そのチャットの画面が、
前編で話に出たモモが出てくるところですね?

18062601_02

冨田さんそうなんです。
モモ、いつもありがとう。

モモうふふ。
何をやっているのか
知らなかったけどね(笑)!

冨田さんチャット機能は、平日9時~18時の間に
無料でご利用いただくことが出来ます。

AKASHI』は
30日間の無料トライアルもできますが、
無料期間中にチャットで質問できるのは、
他にはなかなかないサービスだと自負しています。

モモ使い勝手とデザインが良くて、
チャットでの相談もすばやく的確で、
サービスもいい。

冨田さんはい。

モモあれ、この感じだと、
でも、お高いんでしょ?

冨田さんいえいえ、今なら特別に…

モモって流れにならない?(笑)

18062601_03

冨田さん面白い(笑)。

今なら、ではありませんが、
ずっと初期費用0円、
社員1人あたり月額200円〜でやっています。

会社の規模にもよりますが、
低コストで導入が可能だと思います。

モモ良いことづくめで怪しくないですか?

冨田さんそうだ、
今なら」のことありました(笑)!

AKASHI』に今お申し込みいただくと
モモがお客さまの職場に訪問するという
キャンペーンをやっています。

AKASHI2周年キャンペーン※2018年6月26日時点の情報です

モモあ、それは聞いてます(笑)。

冨田さんよかったです(笑)。

モモそうだ。クラウドってことで、
機能は定型化しているんですよね?
要望を言っても、改善はなかなかむずかしいんじゃ…。

冨田さんあれ、アラ探ししている?(笑)
でも、そんなことないんです!

機能はある程度は定型化していますが、
自由度の高いサービス設計なので、
お客さまの勤怠管理に合わせた柔軟な設定も可能です。

それに『AKASHI』では、
関わるすべてのスタッフが会議に参加し、
週に1回はサービス改善を行っています。

モモえ、毎週会議して毎週改善!?

すべてのスタッフって、
サポートから営業、開発まで全員ですか!?

冨田さんはい、全員でやってます。
席もみんな近くて、
何でもすぐ話せる体制なんです。

18062601_05AKASHIチームの皆さん

モモでも、週一回のミーティングと改善は大変なのでは…。

冨田さんどんなに忙しくても、
ちゃんと時間を作り、
全員でサービス改善に取り組んでいます。

モモ簡単にお話していますけど、
なかなかできないですよね。

冨田さんそのミーティングで
生の情報をメンバーで共有し、
お客さまからご要望が多いものがあれば、
新機能としてどんどん追加しています。

モモすごいですね!

じゃあお客さまの声から
ほんとうに追加した機能はあるんですか?

冨田さんたくさんあります。

たとえば、
企業さまが用意した福利厚生メニューを
ポイント制で管理できる「ポイント管理」は、
お客さまの声から生まれたものですね。

モモAKASHI』って、
すごい手厚い運営なんですね。

18062601_06

冨田さんモモにそう言ってもらえて
うれしいです。

スマートフォンやパソコン、FeliCaなど、
打刻のシーンも多様に対応していますし、
また、会社の規模や職種に関しても、
汎用性が高い仕様になっています。

モモそうだ、どうして
AKASHI』って名前になったんですか?

冨田さんそう思いますよね(笑)。

実は『AKASHI』とは
兵庫県明石市のことなんです。

モモえ?
何の関係が?

冨田さん明石市は
日本の標準子午線が通っている場所であり、
時間を取り扱うサービスにおいて
 デファクトスタンダードを目指す

そして、
業界の標準時子午線となるサービスを目指したい
ということから『AKASHI』にしました。

若干後付けですが、「時の証(あかし)」とか、
そういう意味も持たせていますね。

18062601_07

モモ…なるほど!
うん、いい名前ですね!

冨田さんでしょ。

モモそうだ冨田さん、最後に1つ質問です。

こんなにサービスが手厚くて、
汎用性も高いサービスの運営は、きっと大変ですよね?

開発や運用では、
何か泣けるエピソードがありませんでした?

冨田さん泣ける」?
そうですね…。

あ、お客さまからの熱い要望をたくさん頂けて、
開発者が泣いているかもしれません(笑)。

モモドキッ!
まさか勤怠管理システムを提供する側が、

お客さまからの
さまざま要望への対応に追われて
ブラックな勤怠状況というオチなんでは…。

18062601_08

冨田さんあはは。モモ、そこは大丈夫!

ご要望への対応には日々追われていますが、
僕自身にしても、
毎日の退社時間は遅くても、
有給はきちんと消化しています。

それに、育休も子ども3人分全員取りましたしね!

モモしっかり休める良い職場ですね。

でも、だからこそ、
良い仕事ができて、
いいパパにもなれるんですね!

冨田さんありがとうございます!

これからも、もっと『AKASHI』が
お客さまに喜ばれるよう、チーム全員でがんばります!

モモ期待しています!

18062601_09最後に恒例の記念撮影

クラウド型勤怠管理システム
AKASHI

「AKASHI」は、洗練されたUI/UXにより勤怠管理にかかる時間を大幅に削減。お客さまの目線に立ったサービスの提供を心がけ常に改善・進化していく、クラウド型勤怠管理システムです。

モモなびの更新情報をお届けします。

ページトップ