news 2018.06.05 「So-netの森」で森林整備活動してきました。CSR活動レポート【前編】

5月19日(土)、長野県佐久市大沢財産区にある「So-netの森」で森林整備活動が行われました。「So-netの森」では、地域住民の皆さんとソニーネットワークコミュニケーションズの社員が協力し、森林整備活動を行っております。今回で30回目となる活動の様子をモモが写真たっぷりでレポートいたします。

この日は、ソニーネットワークコミュニケーションズ、ソニーモバイルコミュニケーションズ両社の社員・家族総勢およそ60名が森林整備活動に参加しました。2010年に始まって、なんと今回で30回目の開催なんです。

18060501_01

現地に到着すると、まずは長靴やヘルメットを参加者へ配布。準備を整え、森へ向かいます。

18060501_02アゴひもはしっかりと!

ちなみに、モモも今日は特別製の長靴を用意(もちろんピンク!)。おニューの長靴を履いて、気合い入ってます!

18060501_03

まずは森の入り口にある「So-netの森」の看板の前で記念撮影。

18060501_04

看板の脇には、2010年に「So-netの森」の誕生記念の際に吉田社長(現・ソニー 社長 兼 CEO)が植樹したカラマツが。懐かしいなあ〜〜! 8年でこんなに大きくなっていました!

2010年に植樹した際の取材記事

18060501_05元気にスクスクと育っています。

林道を抜け、今回の植樹の場所へ。地域のみなさんから、植林についての説明を聞きます。

18060501_06

苗木にあわせた穴を掘る、苗木にしっかり土を被せる、苗木の根元を上から踏み固める。その3つが大きなポイントです

18060501_08

土を踏み固めるのは、土の中に空気が残っていると根が枯れてしまうからだそう。勉強になります!

18060501_07足でギュッギュッっと踏み固めます。

そして作業開始。結構な斜面の中、参加者のみなさん、頑張って植林をしていきます。

18060501_11かなり急な斜面です
18060501_12広い範囲で作業を行います

モモもすこしだけ穴掘りのお手伝い。

18060501_09

地元の方々のサポートを受けながら、作業は順調に進んでいきました。

18060501_10ヘルメットがズレちゃった?
18060501_13

今回は午前中で、約1,000本のカラマツの植林を行いました。

18060501_14足元に注意して、苗木を運びます

植林作業はたいへんだったけど、実施できたのは地元のみなさんのおかげ。この日のために木々を伐採したり、植林する地面を整備したり。みなさん、本当にありがとうございました!

18060501_15大沢財産区の議員のみなさん

植林作業後は、「So-netの森」のエリア内にある交流施設「大沢森の分教場」で、地元の食材をふんだんに使った昼食をいただきました。鹿肉や地元産野菜など、地域の食の豊かさを実感できるバーベキューに大満足。

18060501_16地産地消のバーベキューです。
18060501_17子どもたちも大満足

So-netの森」での活動は、ソニーネットワークコミュニケーションズのCSR活動の一環。同時に、森の変化や周辺のことをお知らせすることで、多くの皆さまに地球環境をより身近に感じていたただけたらとうれしく思います。

モモも、広報がんばります!

モモなびの更新情報をお届けします。

ページトップ