ピンクリボンのこと 2017.10.24 情報に振り回されないで! 「乳がんは情報の取捨選択が大事」という乳がん専門医の明石先生にインタビュー

9月18日、JR新宿ミライナタワーで行われたピンクリボンセミナー。当日は乳腺外科として活躍する昭和大学医学部乳腺外科・明石定子先生から、20歳~35歳の女性に向けての、乳がんとブレストケアについてのお話がありました。セミナー終了後、モモが明石先生にインタビュー。乳がん治療への想いや、若い方へのメッセージを伺いました。

17102401_01写真左:モモ妹、写真右:明石定子先生

モモ明石先生、こんにちは。
今日はセミナーおつかれさまでした。
インタビューもよろしくお願いいたします。

明石先生モモのことは知っていますよ。
PostPetは使っていたので。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

モモうれしい!
ありがとうございます!

早速なんですけど、
明石先生はなぜ乳腺専門の外科医に?

明石先生まず、外科医になろうと思ったのは、
手術によって〝直接治す〟、
やりがいのある仕事だと思っていたからです。

モモそうだったんですね。

明石先生手術が上手くなりたくて、がんセンターの
レジデント(研修医)に応募したんです。
そのときに専門分野を書く必要があったのですが、
まだ1年半ほどのキャリアしかなかったので、
困ったな、と。

で、そういえば以前、講師の先生から
明石くん、女性だから乳腺がいいんじゃない?
と言っていたことを思い出し、
それで「乳腺希望」と書いたら乳腺の先生が
乳腺志望の女医さんが来てくれた!」と
すごい喜んでくれて。

17102401_02

モモえ、それがきっかけだったんですか!?

明石先生そうなんです(笑)。
人に話すほどのことではないのですが…。

ただ、私が乳腺をやるって決めた当時は、
まだそんなに乳がんが社会的に重要視されていなくて、
乳がんの専門医もほとんどおらず、
外科医が担当していたような時代だったんです。

それが、だんだんと
乳がんの患者さんも増え、医療の選択肢も、
個々の乳がんによって変化する時代になってきました。

結果的にですが、今、私は
女性の患者さんに、同性という立場を活かしながら
治療にあたることができ、よかったなと思っています。

モモ今のお話の中で、
医療の選択肢も、
 個々の乳がんによって変化する時代

とありました。

昔と比べて、乳がんの治療は
そんなに複雑化しているんですか?

明石先生ものすごく複雑化していますね。
今は、専門でないと対応できないくらいです。

術式だけでも、
温存するか全摘するか、
乳頭乳輪残すか、など、
いくつかの選択肢が出てきていますし。

また、薬にいたっては、
日々新しいものが開発されていますので、
どんどん知識を入れていかないと。
片手間ではできないですね。

17102401_03セミナーの様子。多くの方がメモを取りながら、熱心に聞かれていました。

モモそんな複雑化したがん治療の世界で、
先生は「神の手」と呼ばれ、
2,000例以上のオペを経験し、
最前線で活躍されています。
手術に際して、
特に気を遣われていることはありますか?

明石先生神の手……。術後、私の手術ですと、
みなさん痛がらないというのはありますね。

筋膜を残すとか、そういうところなんですけど、
ちょっとした心遣いで、術後の痛みは少なくなります。

モモ痛みが少ないと回復も早いんですか?

明石先生そうですね、
痛みはストレスになりますので。

モモ確かに。

明石先生あと、手術に関して言えば、
術後創をきれいにしてあげようという
意識をもって治療に臨んでいます。

モモ術後の傷がきれいということは大事なんですか?

明石先生患者さんのダメージを減らしてあげると言いますか、
身体的なダメージはもちろん
心のダメージが少なくて済みますから。

17102401_04

モモそういう配慮からだったんですね。
先生が手術を担当された患者さんは
幸せだと思います。
さて、今日のセミナーは
20〜35歳の若い世代がターゲットでしたが、
若い方の乳がんは実際に増えているんですか?

明石先生もちろん20代で乳がんになる方も
ゼロではありません。
ですが、私が今まで手術をした20代の方は
数えても両手で足りるくらいなんです。

モモじゃあ、かなりのレアケースなんですね。

明石先生そうなんです。
絶対ないとは言い切れないんですけど、
全体の中では、0.5%以下の割合。

遺伝性乳がんであったり、
ちょっと、レアケースだと思います。

モモ受診される若い方は増えていますか?

17102401_05壇上でお話をされる中田あすみさんと明石定子先生。

明石先生そうですね。
ただ、若い方が外来にいらっしゃると、
だいたいFAなどの
良性のしこりであることが多いんですよね。

モモそうなんですね。

そういえば先生がセミナーでも話されていましたが、
セルフチェックで、肋骨をしこりと間違えたり……。

明石先生笑い話のようですが、
案外とこの辺が(胸の上部を指し)
ちょっと飛び出していることがあってですね、
間違えやすくはあります。

17102401_06

モモそうだったんですね。

明石先生ただ、これは
若い人だけにというわけではなくて、
しこりのように感じた時に、
自分でそれが良性か悪性かの判断は
やっぱり難しいので、
生理が終わっても残っているものであれば、
一応受診してもらったほうが良いと思います。

モモよくわかりました。

明石先生ただ、そういう時は
大学病院などの大きな病院である必要はなくって、
まずは乳腺クリニックでいいと思います。

モモ乳がんという病気が一般化して、
幅広い層で話題になると、若い人たちが、
よくわからないまま怖がっている、
という話を聞きます。

この点について先生はどう思われますか?

17102401_07

明石先生タレントの小林麻央さんが乳がんを患った時に、
どこかのテレビ局が20代への検診を呼びかける
キャンペーンしていました。

一方で、若い人の検診には弊害もある
ということはあまり知られていません。
マンモグラフィであれば被爆の問題がありますし。

モモそういうリスクもあるんですね。

明石先生頻度的に考えると、
マンモグラフィを毎年受ける必要はなくって
それよりもまずは
毎月自分で触ってもらうことが大事ですね。

モモまずはセルフチェックですね!
若い方に特に注意してほしいことはありますか?

明石先生そうですね、
インターネットの情報などは
本当にピンキリだと思うので、
誰が書いたかわからない、例えば匿名の記事などに、
あんまり振り回されて欲しくないなと
思っているんです。

モモあんまり信じすぎない?

明石先生全ての人に当てはまるわけでもないし、
セミナーでも言いましたけど、
コマーシャリズムにつながるような記事も
いっぱいありますし。

結構ビックリするようなことを
信じている人がいるんですよ!
私が聞いて、
え? なんですかそれ?」みたいな。

モモ具体的にどんな?

17102401_08

明石先生例えば
乳がんは乳房を全摘したほうが
 治りがいいですか?
」とか。
いやいやそんなデータどこにもないよ、って。

インターネットに限らず、本もそう。だから、
情報の取捨選択〟ってやっぱり大事だな、
って思いますね。

モモ情報の取捨選択!!

明石先生難しいんですけどね(笑)。

モモ難しいですよね。
どうすればいいのでしょうか?

明石先生そう、難しい。ただそれは、
対がん協会さんや、私たち専門医が、
正しい情報を大きな声で上げ続けるっていうのが、
大事な役割なのかもしれないですね。

モモそのお手伝い、モモも頑張ります!
明石先生の言葉、ちゃんと伝えます!

17102401_09

明石先生ありがとう、モモ(笑)。

本当に情報の取捨選択は重要で、
ブログなどで、個人の意見ではあるのですが、
例えば「抗がん剤が入っていて大変だった
とか書いてあると、それを
個人差が大きいことなどを考えないで
鵜呑みにしてしまう人もいる。

いやいや、今はそういうことないんだよって。

モモそうなんですか?
でも、モモもそう思っていました。
抗がん剤は吐き気がするものだって。

明石先生吐き気止めなどの副作用を軽減する薬は
どんどん進化していますので、
以前より患者さんへの負担が少なくなっています。

もちろん、がんの種類や部位、
治療法によっても変わりますが。
例えば放射線も、
当てる場所によって副作用は違いますし、
一律にみんな髪の毛が抜けるわけじゃありません。

モモやはり、がんも治療法も
複雑化しているんですね。

17102401_10

明石先生先ほどのセミナーでもお話しましたが、
癌の顔つき」で、本当にいろいろな点が違います。
乳がんにもさまざまな種類があります。

もし、病状も治療法も、
自分が何かで見た情報が正しいものであったとしても、
それが他の人には当てはまらないかもしれないので。

ですので、信頼のおける病院や、
学会から発信されたエビデンスの確かな情報以外は、
すべてを鵜呑みにしないでほしいですね。

モモまさに情報の取捨選択。

それに、セルフチェックでしこりを感じたら、
まずは乳腺クリニックへ、ですね!

明石先生そうですね。
まずは、そこから。

モモ今日はありがとうございました!

17102401_11最後に記念写真

モモなびの更新情報をお届けします。

ページトップ