ピンクリボンのこと 2017.12.29 ピンクリボンスマイルウオーク2017神戸レポート

10月14日、神戸ハーバーランド発着でピンクリボンフェスティバルのスマイルウオークが開催されました。このイベントをモモなび編集部がレポートします。

スマイルウオークの大会当日、神戸市役所近くのフラワーロードではピンクリボンフェスティバルのフラッグが掲げられ、街全体がイベントを祝っているかのような雰囲気でした。

17120501_01

会場となる神戸ハーバーランド・スペースシアターに多くの参加者が集まりました。

17120501_02

大野聡美アナウンサー(朝日放送)の進行で神戸大会は開始。ピンクリボンフェスティバルのオフィシャルメッセンジャーである我らがモモ妹もステージ登場!

17120501_03一緒にステージに上がった、ABC朝日放送のキャラクター・エビシーくん。モモ妹も久しぶりの再会にうれしそう。

出発式を前に、恒例の準備体操。ソネトレを総合監修するボディークエスト代表・森俊憲さん指導のもと、参加者みんなで準備体操を楽しみました。

17120501_04

次いでカウントダウンセレモニーへ。モモ妹も来賓のみなさまとともにステージ上から参加者のみなさんを応援します。

17120501_05ステージ上には麻倉未稀さん、高尾信太郎先生、神戸市・玉田敏郎副市長、神戸新聞社・門野隆弘執行役員、朝日放送・濱本実総合ビジネス局イベント事業部長、朝日新聞社・小林杉男神戸総局長、日本対がん協会・後藤尚雄理事長。

神戸のウオークは10キロと5キロの2コース。いずれも菜の花ロードやキャナルプロムナード、厳島神社などを巡る、神戸らしい風景と歴史を体感できるコースです。

ウオークに出発する皆さんをお見送りしたら、皆さんが帰ってくるまでの間に、スペースシアターに出展されていたブースを取材しましたのでご紹介しますね。

17120501_06【森永乳業】 「for Health for Beauty~女性が 美しく健康にあるために」のスローガンのもと活動。東京大会から連続して出展。この日もオリジナルの乳がん検診無料クーポンやおすすめ商品も無料で配布。
17120501_07【クレハ】 日本対がん協会を通じてピンクリボン活動を支援するクレハ。こちらも東京大会から引き続き出展、ピンクリボンフェスティバルオリジナルNEWクレラップを配布。
17120501_08【モンロワール】 チョコレートハウス・モンロワール。ブースでは小さな葉っぱのチョコレート「リーフ メモリー」を配布。ピンクリボンをイメージした愛らしいラッピングが好評でした。
17120501_09【神戸市】 神戸市の乳がん検診制度を案内。市内で受診できる指定医療機関や、地域巡回している検診車の申し込み方法を説明。
17120501_10【神戸推進委員会】 兵庫県看護協会、兵庫医療大学の協力のもと、自己触診法の体験と乳がんクイズなどを実施。
17120501_11【兵庫県立病院】 Q&A展示や小冊子の配布など、ブースではマンモグラフィ検査に関する紹介が行われていました。

参加者のみなさんがゴールに到着する時刻に合わせ、会場のスペースシアターでは関西出身の歌手・麻倉未稀さんと兵庫県立がんセンター乳腺外科部長・高尾信太郎先生によるピンクリボントークが始まりました。

17120501_12術後わずか3週間で復帰しステージに立たれた麻倉さんのお話を聞こうと、会場では多くの方々が熱心に耳を傾けていました。

麻倉さんからは、現在の治療方法、また治療中に辛かったことや励みになったことなど、実体験からのさまざまなお話がありました。

17120501_13

早期発見で90%以上が治る病気なので、まずは検診を。でも、なぜか関西圏は受診率が低いんですよね」と高尾先生。

麻倉さんも、「関西人の気質からか、『自分は大丈夫!』となぜか自信を持っていましたね」。

すかさず高尾先生も、「みなさん、まずはちゃんと検診を受けましょうね」と優しく諭すように会場に語りかけていました。

17120501_14

「40歳以上は定期的に検診を受けること」「40歳未満でも気になったら自己触診のうえ、医療機関に相談してみること」「喫煙や運動不足をはじめとした生活習慣の見直し」など、高尾先生からは、検診や生活習慣についてのお話も。

17120501_15

トーク終了後、麻倉さんからステキな歌のプレゼントが。なんとドラマ「スクール・ウォーズ」の主題歌として大ヒットした『ヒーロー』を熱唱されたのです! 術後とは思えないそのパワフルな歌声に会場はつつまれ、大きな拍手が送られました。

17120501_16

イベント終盤では、実機を用いたマンモグラフィー検査の解説も行われました。現役の先生たちの丁寧な解説によって、参加者のみなさんは検査が身近になったのではないでしょうか。

17120501_17県立西宮病院放射線技師長・伊関恵美子先生、県立尼崎総合医療センター放射線技師・廣瀬悦子先生、県立西宮病院放射線技師松村麻子先生らによるマンモグラフィー検査のレクチャー

神戸大会は、麻倉さんのご登壇もあり、検診の大切さを再認識できた内容でした。乳がんに関する正しい知識を持ち、これを機に多くの人が検診へ足を運んでいただけることを期待したいですね。

モモなびの更新情報をお届けします。

ページトップ