ピンクリボンのこと 2018.04.17 歌手・麻倉未稀さんに、乳がんについてインタビュー。「ステージに立つという目標があったから決断できた」

たくさんの参加者が神戸の街を歩いたスマイルウオーク2017神戸。80年代の大ヒットテレビドラマ「スクール・ウォーズ」の主題歌「HERO」など、数々のヒット曲を持つ歌手の麻倉未稀さんにモモがインタビュー。術後わずか3週間でステージに立たれた麻倉さんに、サバイバーの方へのメッセージなどを伺いました。

モモ麻倉さん
今日はトークだけでなく歌まで!
本当におつかれさまでした!

麻倉さんモモちゃんもいろいろ頑張っていたね!

写真左:モモ妹、写真右:麻倉未稀さん写真左:モモ妹、写真右:麻倉未稀さん

モモいえいえ、麻倉さんに比べたら!

それにしても、
HERO』は圧巻のパフォーマンスでした!

麻倉さんありがとう。実は術後、
声が前にも増して出るようになって……。

モモえ、そんなことあるんですか!?

麻倉さん乳がんの手術をして、
最初のうちは痛みがありますので、
それで力を入れられない分、
歌いやすくなったったんです。

モモなるほど!

麻倉さん無駄な力が入らないから、すごく歌いやすい(笑)。
怪我の功名ってやつですね。

この状態を覚えておけば、
痛みがなくなっても楽に歌えると思って、
今は頑張って歌い方を記憶しているところです。

「スクール・ウォーズ」の主題歌「HERO」を歌う麻倉さん「スクール・ウォーズ」の主題歌「HERO」を歌う麻倉さん

モモ麻倉さんは、
考え方がすごくポジティブで
とってもステキです!

麻倉さんありがとう、モモちゃん。

モモ術後3週間でステージに立たれたということで、
いろいろご苦労されたと思うのですが……。

麻倉さんテレビ番組の企画で乳がんが見つかり、
その1ヶ月後には手術でした。

私も無謀かなと思ったんですが、
主治医の先生に相談したら、
術後3日は歌えないけど、
 1週間したら歌えるんじゃない

って言われたので、
トレーニングを頑張りました。

モモ具体的にはどんな?

18032701_03

麻倉さん体幹のトレーニングですね。
入院中も無理を言って行っていました。
退院後も欠かさずに続けたおかげで
なんとか本番3日前に、リハーサルを行えました。

モモ麻倉さん、すごい……。

麻倉さんでも、正直、
ステージに立つという目標があったから
いろいろ決断できたし、
頑張れたんだと思っています。

モモ目標、ですか?

麻倉さん私の場合、歌は、
今後の自分の人生を
どのように生きていくかにおいて、
重要なものでしたから。

術後の治療法も、
私の場合は、がんのタイプが、
偶然にもホルモン治療のみのものだったので、
これは〝先に進むしかない〟なって。

モモそうだったんですね。

18032701_04

麻倉さんもちろん、乳がんがわかった時点ですでに
仕事が入っていたので、
それをどうすればいいのか、
ということがまずありました。

それに抗がん剤や放射線治療であったら
そんなに早く復帰できなかったと思います。

モモ歌が麻倉さんを助けたんですね。

麻倉さんそうですね。ですから、
治療法を決めるために、
がん細胞の検査をするのですが、
その結果が出るまでの期間、
がんのタイプがわかるまでが
精神的にきつかったですね。
どうなるんだろうって。

18032701_05

モモ今日も参加者のみなさん、
麻倉さんの歌声に会場で驚いていましたよ。
元気をもらったー!」って話している
方もたくさんいらっしゃいました。

麻倉さんありがとうございます。
早く復帰してよかったと思っています。

乳がんだけでなく、さまざまながんの方に
声をかけられることも多くなりました。
すごく励みになるよ!」って。

モモ今日のスマイルウオークでも、
ご登壇いただき感謝です。

麻倉さんの歌声に聞き入るスマイルウオークの参加者麻倉さんの歌声に聞き入るスマイルウオークの参加者

麻倉さん神戸大会のお話をいただく前から、
ピンクリボン活動は存知あげていたのもありますし、
乳がんを経験した私が発信することで
お役に立てればって。

乳がん=死〟みたいなイメージが
みなさん、まだおありだと思います。
私もそうでした。

でも、今は医療も発達してきていますし、
そうではないということを
私の口から言えれば、
皆さんが怖がらずに検診へ行こう
って気になるんじゃないかなって。

モモ検診で見つかったら嫌だな」って気持ちが、
病院への足を遠のかさせるんですよね…。

麻倉さん私も怖かったですよ。
でも、今は早く発見できれば
乳がんは治る確率が高い病気なわけですし。

見つからなければ、
それはそれで安心ですので、
みなさんにはぜひ
検診に行ってもらいたいと、思っています。

モモ検診はやっぱり大事ですよね。
そのほか、乳がんになられたご経験から、
なにかアドバイスをいただけますか?

18032701_07

麻倉さん私はたまたま番組で見つかったので
公表に至ったんですけど、
私のお友だちの中には誰にも言わずに
抱えている人が結構いたんです。

私が乳がんだとわかって、
初めて打ち明けてくれた人もいるくらいで…。

モモそうだったんですね。

麻倉さんがんって、
やっぱり家族もすごく大変なんですよね。
うちの主人を見てても、そう思いました。

モモ家族は第二の患者」とも言われていますもんね。

麻倉さん乗り越えるには、
自分や家庭の中で納めないで、
信頼できる人に相談することも
なさったほうがいいんじゃないかなって。

18032701_08

モモモモもそう思います。

麻倉さんあと、主人の家族に対して、
申し訳ない」という気持ちも抱きました。

治療中に面倒をかけてしまうのではないか、とか。
もしかしたらですが、
きっと、みなさんの中にも
そういう気持ちになった人がいるかもしれません。

でも、
がんになったことで、自分を責める必要はない、
そのことも伝えたいです。

モモすごく励みになるメッセージだと思います。

麻倉さんあと、女性にとって、
胸を無くすという決断をすることが、
非常に勇気のいることだということもわかりました。

私はステージ2で、温存は無理と言われた時、
仕事への覚悟で全摘を決めました。
歌えるなら、おっぱいなんかいらない!」って。

でも、多くの人は主婦だったり、
小さなお子さんがいたり、
さまざまな事情がある中で、
決断するのは本当に難しいことなんです。

18032701_09

モモ麻倉さんは迷われなかったんですか?

麻倉さんセカンドオピニオンで診ていただいた先生も、
初めに診ていただいた先生と
同じ意見だったことも大きいです。

でも、私の場合は歌。
次の歌を歌うんだ!」という
強い想いがあったから、スパンスパンと
最短距離で決められたんだと思います。
まあ、性格的なこともあるかもしれませんが(笑)。

18032701_10

モモ今は、世の中にたくさんの情報があって、
迷いやすい状況だと思います。
なにか良いアドバイスをはありますか?

麻倉さんそう言えば、
私が公表した時も
メールや郵便などで、たくさんの情報が来ました!

中には、ライブ会場にまで
来てくださる方もいて……。

モモそうだったんですか!

麻倉さんネット上にもいろんな情報がありますし、
友人が薦めてくれるものもあった。

私は切ることを決めていたので
揺るがなかったんですけど、
中には胸を残したいって人も多いだろうし、
迷われる環境にはありますよね。

ステージでのトークショーステージでのトークショーの様子

モモ今はインターネットで
情報が簡単に手に入る時代。
良くも悪くも……。

麻倉さんやはり、先生との信頼関係が大事だと思います。

不安に思っていること、
また、例えば
こういう方法はどうなんですか?」とか、
自分が調べた情報なども聞いて
答えてくれる先生であれば、
本人も納得したうえで治療に臨めると思うんです。

モモ先生との信頼関係ですね。

麻倉さん最終的には自分の病気なので、
冷静に自分の病気を、俯瞰で見ていくことが
大事なんだなって感じました。

モモでも、麻倉さん、

みんな、
なかなかそれができないと
思うのです……。

18032701_12

麻倉さんごめんなさい、そうなんですよね(笑)。
だから、付け込む人がいる。
患者さんは藁をもすがる思いだから。

でも、私の経験上、
まずは目標を持つこと、
そして先生との信頼関係。
これに尽きると思っています。

モモ目標と、
先生との信頼関係ですね!

麻倉さん迷いが無くなることはないのかもしれませんが、
信じることで、一歩でも前に
進むことはできると思っています。

モモステキなアドバイス、
ありがとうございました!

麻倉未稀さんと記念写真最後に記念写真

モモなびの更新情報をお届けします。

ページトップ