モモがきく 2018.05.01 ソニーの女子ハンドボールチーム「BLUE SAKUYA(ブルーサクヤ)」の挑戦【前編】

1985年から日本リーグに参戦する、ソニーの女子ハンドボールチーム「BLUE SAKUYA(ブルーサクヤ)」。運営するのはソニーセミコンダクタマニュファクチャリング。2018年3月、リーグ最終戦の応援も兼ねて、モモは本拠地のある鹿児島県霧島市へ。選手の皆さんにインタビューさせていただきました。

ソニーの女子ハンドボールチーム
BLUE SAKUYA(ブルーサクヤ)

ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング株式会社の女子ハンドボールチーム「BLUE SAKUYA」。1985年から日本リーグに参戦。ハンドボールのトップリーグで活躍しています。

写真左から、飛田選手、山野選手、川村選手、鈴木選手、モモ妹写真左から、飛田選手、山野選手、川村選手、鈴木選手、モモ妹

モモこんにちは、モモです。
今日はよろしくね!

選手一同モモ、かわいい〜!

モモありがと〜!
嬉しいな、うふふ。

飛田選手改めまして、
ゴールキーパーの飛田季実子です。

山野選手キャプテンの山野由美子です。

川村選手6番の川村杏奈です。

鈴木選手8番の鈴木理紗です。

選手一同今日はよろしくお願いいたします!

モモこちらこそ、よろしくお願いします。

ところで、
ブルーサクヤの「サクヤ」って、
日本神話に出てくる神様
木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)」の名前に
ちなんでいるって聞いたんですが。

山野選手そうなんですよー。
モモ、よく知っているね!

モモありがとう!
で、「木花咲耶姫」って
すごく美人の神様だったんだって。

みんなも美人揃いですね!

川村選手ありがとうございます!
実はよく言われるんですよー(笑)

モモあはは、そうなんだ。
否定しないのが良いですねー(笑)

あ、そうだ!
この度はプレーオフ出場決定、
おめでとうございます!
※取材はリーグ最終戦の前日、2018年3月10日に行われました。

最終戦の試合会場には「プレーオフ進出おめでとう」の垂れ幕も最終戦の試合会場には「プレーオフ進出おめでとう」の垂れ幕も

選手一同ありがとう、モモ!
明日の最終戦も頑張るね!

モモ期待してます!

今日はハンドボールのこと、
いろいろ教えてください。

選手一同なんでも聞いてください。

モモで、ちょっと調べてきたんだけど…。

ある統計データでは、高校では水泳よりも
ハンドボールのほうが競技人口が多いんだって。

山野選手それ、聞いたことあります。

モモでも、その割には
人気がちょっと弱いのかなって
個人的には感じていて…。

山野選手うん、確かにそうかも。

なんとかハンドボールも
人気スポーツになって欲しいって、
選手たちみんなが思ってるよ。

モモハンドボール選手は、
海外では国によっては
憧れのスポーツ選手ですしね!

ハンドボール人気をさらに盛り上げるために、
いろいろ情報発信したいなって、
モモも思っています。

鈴木選手嬉しいー! 心強い!

モモちなみに、みんなはどういうきっかけで
ハンドボールに出会ったの?

飛田選手私は中学校から。
姉がやっていたので。

ゴールキーパーを選んだのは
男子でかっこよくてうまい先輩がいたから(笑)。

モモそうだったんですねー。

山野選手私も、きみさん(飛田選手)と同じで中学校から。

きっかけは小学校のころに仲の良かった先輩が
ハンドボール部にいて、じゃあ入ろうかなって。

モモそうなんですね。
ちなみに中学校ではハンドボールより
水泳の競技人口が多いんですって。

山野選手高校で逆転するんだ?
へえ、なんでだろう。
面白いですね。

川村選手私は小学校1年からずっと。
今年で20年目くらいです。

モモすごい!

川村選手福井県出身なんですけど、
福井はハンドボールが結構盛んで…。

私の場合、叔父がやっていて、
その叔父に練習に強引に連れて行かれたのが
最初です(笑)。

モモ叔父さん、エライ!

川村選手その時、1回教えてもらったらすぐできちゃって。
で、「これは楽しい!」ってなって、そこから。

鈴木選手自分も中学校から。
仲の良かった友達と「一緒にやろう」ってなって。

自分たちの代からハンドボール部は始まったんで、
先輩がいなくて良いなあってのはあったかな(笑)。

山野選手その頃から、そんなんだったんか!(笑)

鈴木選手えへへ。
中学校だと結構上下関係きついじゃないですか(笑)

モモ理由はさておき、
みなさん、小中学校から
ずっとハンドボールを続けているんですね。

そんなハンドボールの魅力というか、
プレーしてて「ここが楽しい!
っていうのを教えてください。

シュートを打つ川村選手

川村選手やっぱりシュートが決まった時ですね。
あとはパスが通った時も。

こっちに出すフリをして別方向に出す、みたいな。
キーパーやディフェンスを〝騙せた〟時ですね。

モモ騙す?

山野選手ハンドボールは常にそうなんです。
ポジションに関係なく騙すことが重要。
駆け引きのスポーツです。

モモハンドボールって、
体をガンガンぶつけ合って、
相手をかき分けて進んでいって、
ジャンプしてバーン!
みたいなイメージがありました。

フットサルのゴールを使って
バスケやラグビーをする、みたいな。
結構ハードなスポーツだとばかり…。

山野選手そういう部分も確かにありますよ。

でも、パスもシュートも
基本はいかに相手の裏を突くか、ですね。

川村選手例えばシュートのシーン。

相手が私たちのシュートを
阻止するために手を上げて、
その方向に打たせないようにしていても、
逆にその手のあるほうに打つみたいな。

山野選手で、入ったら
よっしゃ、騙せた!」みたいな、ね(笑)。

いろんな駆け引きが
一瞬一瞬のプレーの中にあって、
そこはやっていても楽しいし、
見ていても楽しんじゃないかな。

モモ飛田選手、キーパーのポジションは
どこが楽しいですか?

飛田選手シューターのみなさんと同じで
やっぱり相手を騙せた時ですね。

打たせたいところをわざと空けておいたりして、
そこに打たせてボールを取ったら、
よっしゃー」ってなります!

川村選手シュートするほうは迷うんですよ。
そこは空いてるのか、
それとも空けてるのかって(笑)。

モモ攻めも守りも、
それを一瞬で判断するんだ。
みんなすごいなあ。

合わせて、ハンドボールの見どころは?

飛田選手攻防が速いところですね。
サッカーとかと違って、結構点も入りますし。

モモ見ていて楽しそう!

飛田選手例えばディフェンス側から攻守が切り替わって、
1本のパスからの速攻プレーで
3秒で点が入ることもありますね。

モモえ、そんなに! 速っ!

あとハンドボールは「陸上の格闘技」とも
呼ばれていると聞きました。
そのへんもやはり魅力ですか?

山野選手ハンドボールの場合、デフェンダーは
体を使って正面から接触することは
許されています。

オフェンスとディフェンスの体を張った攻防。
そこも見どころだと思います。

体を使って正面から選手をとめる試合の様子。激しさがうかがえます。

モモなびの更新情報をお届けします。

ページトップ