モモがきく 2018.09.18 「Xperia Ear Duo」開発秘話、そして〝ヒアラブル〟デバイスが目指す未来【後編】

ソニーモバイルコミュニケーションズのスマートプロダクト「Xperia Ear Duo」。後編は、開発にまつわるエピソードや想い、さらには今後の展開などをスマートプロダクト部門商品企画課(当時)の八木さんにモモが引き続きインタビューします。

<<前編>>はこちら

モモクアッドビームフォーミングマイク

あ、いきなりごめんなさい(笑)。

八木さんいえいえ、
その気持ちわかります(笑)。

写真左:モモ妹、写真右:八木さん

モモさて、では早速本題に…。

そもそもの話になりますが、
なぜ「Xperia Ear Duo」を
開発しようと思ったんですか?

八木さんもともと入社時はオーディオの部署にいて、
イヤフォンやヘッドフォンの企画をしていました。

それこそ、
ノイズキャンセルやデジタルサラウンドといった
音楽の世界に入り込むような、
没頭型のイヤフォンやヘッドフォンの
開発に携わっていたんです。

モモ最初はそうだったんですね。

八木さんでも、音の聴き方って
それだけではないんじゃないかって。

自分の生活の中に
BGM的に音楽が流れたら
毎日が楽しくなるのではないか。
何気ない毎日が
ドラマや映画のワンシーンのように
見えたりするんじゃないかって思うようになって。

何気ない毎日が楽しくなる「Xperia Ear Duo

モモなにかきっかけがあったんですか?

八木さん実は入社したての頃、
友人とマチュピチュへ旅行に行ったときに、
スマホのスピーカーで、
映画『天空の城ラピュタ』のテーマ曲をかけたら、
目の前が一気にラピュタの世界になって…。

これがきっかけというか、
音や音楽と現実世界との関係に
さらなる可能性を感じた原点ですね。

モモステキな話ですね。

八木さんさらに、「Xperia Ear Duo」は
単なる音楽を聴くためのデバイスではなく、
どちらかというと
コミュニケーションに着目してつくられた商品。

耳を塞がないので、
目の前の環境や相手との
コミュニケーションを妨げません。

打ち合わせをしていても、会話を妨げない「Xperia Ear Duo

八木さんソニーのウォークマンが
音楽を外に持ち運ぶという文化をつくったように、
コミュニケーション〟を軸にした
新しいライフスタイルをつくりたかったんです。

モモ商品を開発する中で苦労した点は?

八木さん商品コンセプト的に
ずっと着けていられる〟というのが重要で、
それを実現するのには苦労しました。

今まで世にない商品だったので、
まさにゼロからの開発。
開発はとても大変で、
心が何度も折れかけました(笑)。

ヨガをしながらでも着けていられる「Xperia Ear Duo

モモどのへんが大変だったんですか?

八木さんすべて(笑)
外音が自然に聞こえながら音漏れもしづらいという
デュアルリスニングの体験自体もそうですし、
着けていて疲れない、身体の一部になるような
装着性に関しても苦労しました。

そのために試作とユーザーテストを何度もやって。
数えきれないぐらいの人の耳をお借りして引っ張って、
はじめは「痛い」とか言われながら
試作品を着けさせてもらって…(苦笑)。

モモでも、その集大成が
今回の商品に繋がったんですね。

八木さんソニーの技術の集大成で、
この新しいコンセプトの商品が生まれたんです。

今回採用しているソニー独自の耳をふさがない
音導管設計の技術はソニーのR&Dが開発したもの。
装着性」や「音のチューニング」などは
古巣のオーディオの部署の人たちにも多くの協力を得て
商品化に至りました。

さらに、ソニーの
スマートセンシングプロセッサー」を搭載して
さまざまなスマート機能を実現しているんです。
ハード面だけでなく、デイリーアシストといった
体験をつくりあげるのも大変でした。

モモちなみに、先ほどから気になっていたんですが、
そこにあるのは…。

八木さんあ、これは私の耳型です(笑)。

モモやはり、こういう耳型も
たくさんつくったんですね。

八木さんいえ、もともとオーディオの部署では
たくさんの耳型をつくっていましたから、
それを活用させていただきました。

ソニーには代々〝耳型職人〟がいるんですよ。

モモえ、〝耳型職人〟!?
耳型職人として入社するんですか?

八木さんいえ、耳型をとる担当が、
代々受け継がれていく仕組みです。

社内で珍しい形の耳を見つけると
耳型職人が「耳型とっていい?」って
声をかけるようです。

モモ耳ナンパ〟だ!(笑)

八木さんあはは、モモちゃん面白い。
そうですね。

モモじゃあ、フィット感にはだいぶ自信がある?

八木さん耳の形は人によってそれぞれなので、
耳に対する知見がなかったら、
この商品はできなかったと思います。

日本と海外でそれぞれ
試着を繰り返していますが、
今まではまらない人はほとんどいなかったですね。

モモモモにも特別につくってくれて
うれしかったです。
フィット感もすごくいいです!

八木さんあ、モモちゃんのもつくるのは
大変だったなあ(笑)。

モモ最後に、今後の展開を教えてください。

八木さん音のAR〟ですね。
現実世界を音で拡張するということ。
見ている情報に、さらに音を付加していくことで、
発展性があると思っています。

例えば、映画やアニメの舞台となった場所に行ったら
自然にテーマ曲が流れたり、
登場人物の声で話しかけてきたり。

また、例えば観光地や美術館などで
音声ガイドが説明してくれたり。

モモ八木さんが「Xperia Ear Duo」を
開発しようと思った
原点の話に繋がっていくんですね。

八木さん音のAR化は、
割と近くまで来ていると思います。

モモスマートフォンを持つのが当たり前になったように、
Xperia Ear Duo」のようなデバイスを
着けて生活するのが普通の世界が来るかもしれない
って、思えるようになりました。

八木さんモモちゃん、
深く理解してくれて
こちらこそうれしいです。

モモ今日はありがとうございました。

八木さんありがとうございました。

モモクアッドビームフォーミングマイク

あ、何度もごめんなさい(笑)。

八木さんモモちゃん…(笑)。

Xperia Ear Duo」のパーカーを着た八木さんと記念写真

モモなびの更新情報をお届けします。

ページトップ