モモがきく 2019.02.26 自由な時間が増える!? スマートホーム「MANOMA」とは【前編】

「MANOMA(マノマ)」は、自宅を手軽にスマートホーム化できる家庭向けIoTサービス。2018年10月にサービスはリリースし、この2月にはさらにサービスが拡張。「MANOMA」が実現する、〝時間を創造するサービス〟とは。開発を担当したIoT事業部門スマートホームサービス部サービス設計課の大谷さん、山本さんにモモがインタビューしてきました。

モモはじめまして、モモです。
今日はよろしくお願いいたします!

大谷さんIoT事業部門
スマートホームサービス部
サービス設計課
に所属しています大谷です。

山本さん同じく、
スマートホームサービス部
サービス設計課の山本です。

今日はよろしくお願いします!

19022601_01写真左:大谷さん、写真中央:山本さん、写真右:モモ妹

モモ早速ですが、
MANOMA(マノマ)」って
どんなサービスなんですか?

大谷さん後付けできるスマートホームサービスです。

モモん?
スマートホーム」って何ですか?

大谷さんIoTによって、
自宅をより快適に、
より安心できるようにするサービスですね。

モモえ、えーと…?

山本さんわかんないですよね(笑)

モモすいません…。

大谷さんまず〝IoT〟ですが、なんとなく
モノがインターネットに繋がっているから便利
というイメージがありませんか?

19022601_02優しく教えてくれる大谷さん

モモはい、なんとなくあります(笑)

山本さんIoTの代表的な機器である
スマートスピーカー」だと
主に音楽を聴いたり、
天気予報を確認したり、
あとはアラームなどの用途で使われています。

モモスマートスピーカーって、
声でライトを消せたりもしますよね?

大谷さんはい。
スマートスピーカーは、
今まで手で操作していたことを声で行えますので、
何かしながら別の作業ができるという意味では
すごく便利な機器なんです。

一方で、
声を使って能動的に操作しなければならない
という不便さもある。

モモふむふむ?
ムツカシイですね。

MANOMA」は
スマートスピーカーのようなものではないんですか?

大谷さんスマートスピーカーが
音声ベースでコマンドを実行するのに対し、
MANOMA」は
ユーザーの行動をセンシングして
システムのほうから行動を起こしてくれるんです。

モモうーん、つまり…?

19022601_03よくわかっていないモモ

大谷さんユーザーの行動を各機器 で感知して、
快適になるよう自動的に動作を実行してくれるんです。

僕たちはそれを「レシピ」と呼んでいます。

モモえ!
利用者は何もしなくていいってことですか!?

大谷さんはい、
最終的にはそうなればいいな、と(笑)。

モモでも、どうやってそれを実現するんですか?

山本さんMANOMA」は、
さまざまな機器をコントロールする
AIホームゲートウェイ」をメイン機器に、

スピーカやマイク、 人感センサーを搭載した
室内コミュニケーションカメラ」、
ドアの開閉センサー
ドアのカギを制御する「Qrio Lock」、
外出先からQrio Lockを制御 する「Qrio Hub」、
人の在宅状況を 判別する「Qrio Smart Tag」、
などの機器で構成されています。

19022601_04MANOMA」を構成する機器がテーブルに並ぶ

モモへー、たくさんの機器で実現しているんですね。

でも「MANOMA」でなにができるのか
まだよくわかってません…。
もう少し詳しく教えてもらえますか?

大谷さんもちろんです(笑)。
できることは大きく3つあります。

1つ目は「セキュリティ機能」。
これは、ざっくり言うと
家の防犯や家族の見守りができて、
いざというときはセコムも呼べるという
セキュリティサービスです。

モモはい、
まずはセキュリティですね。

大谷さん2つ目は「家電の自動制御」。
AIホームゲートウェイ」には
音声アシスタントの
Amazon Alexaも搭載していますので、
連携した機器を
声でコントロールすることも含まれています。

モモそれから、家電の制御。

大谷さんそして3つ目が「ニューライフスタイル」。
これは「MANOMA」独自の
新しいサービスであり概念です。

モモニューライフスタイル」?

19022601_05

大谷さんそうなんです。
人はみな自分の人生の幸福のために、
働いたり、生活したりしていると思います。

しかし現代人は今非常に忙しい状況にあって、
その人が本当にやりたいことに
しっかりと時間を取れていないのでは、
と思っています。

モモ大谷さん、
またガラッと話が変わりましたね(笑)!

確かに、今の時代、
何かと忙しいですけど…。

大谷さんお客さまの大切なもの、
本当にやりたいことは一人一人違うもので、
非常に多様性に富んでいて、
我々が簡単に提供できるものではない。

モモふむふむ?

大谷さんでは私たちに何ができるかというと、
それを実現するために
時間をつくる」というのが、
スマートホームサービスのあるべき姿
ではないかと、私たちは考えたのです。

モモあ、そこに話がつながるんですね!

大谷さんそうなんです(笑)。
そのお客さまの暮らしに時間を創造することを、
ニューライフスタイル」と呼んでいるんです。

モモ時間を創造するニューライフスタイル」!
なんだかすごい…。

大谷さんありがとうございます。

時間を創り出すための第一歩として2月4日、
不在時でも家事代行などのサービスが受けられる
MANOMA Entrance」を発表しました。

施錠管理機能
MANOMA Entrance

MANOMA」では、不在時でも安心して生活支援サービスを利用可能にする新サービス「MANOMA Entrance」を、3月1日より提供開始することを発表しました(2019年2月4日現在)。

モモなんだかワクワクしてきました。

忙しい世の中のために、
時間をつくるって素敵ですね。

大谷さんそうなんです。
MANOMA」を導入することで、
時間的に余裕が生まれるんです。

モモそしてその余裕を、
自分の好きなことに使ってください、と。

19022601_06

大谷さんその通りです。

セキュリティ機能も、
家電の自動制御もそうですけど、
やらなきゃいけないことを、やらなくてよくなる。
心配しなくていいことを、心配しなくてよくなる。

どれもすばらしいことなんですが、
それだけではなく、
人力やアナログ的なことも使いながら、
お客さまの時間を創出する。

モモそれが「MANOMA」なんですね。

山本さんセキュリティ機能や家電の自動制御は
どこかで聞いたことがある機能かもしれません。

でも3つ目の軸の「ニューライフスタイル」は、
まだどこもやっていない「MANOMA」唯一の
ユニークな提案だと考えています。

モモその「MANOMA Entrance」で
お願いできる家事サービスには
どんなものがあるんですか?

19022601_07

山本さん家事代行や
ハウスクリーニング、
ペットシッターなど
各専門分野の事業者と連携し、運用しています。

今後は、介護やヘルスケア、
EC、教育分野なども拡充予定です。

モモすごい、画期的だと思います。
でも、一方で、少し不安も。

MANOMA Entrance」って不在時に
家の中に他人が入るってことですよね?

山本さんはい、そうです。
なので、
いかに不安を払しょくするかが、
非常に重要なのですが、

この「MANOMA Entrance」では
正しい日時」に
正しい人間」が
正しい場所」にいることを認証し、
システム面での安全性を担保しています。

さらに厳選した事業者と契約することで、
ビジネス面でも安全性を強化しています。

モモなるほどー。

19022601_08

山本さん実は私は、
ニューライフスタイルの機能を報道発表する前に、
自宅で実証実験をしてみました。

平日のお昼、
お仕事をしている間
家事代行をお願いしたんです。

モモえ! どうでした?

山本さんまずはカギの施錠管理を、
家事代行業者に任せることができました。

MANOMA Entrance」なら
他人にリアルな鍵を預ける不安もないし、
家への出入りもちゃんと管理されています。
しかもそれをアプリから確認することもできます。

気になった時は「コミュニケーションカメラ」で、
家事代行の様子の確認もできました。

モモふむふむ
鍵の受け渡しもいらないし、
家事代行の様子も外から確認できるんですね。

山本さん確かに、はじめは不安もありました。

でもそれよりもむしろ、
洗濯や掃除など
普段は仕事が終わって疲れていても、
家に帰ってやらないといけないことが、
家に帰ると、終わっている!
ということが、新しい体験だったんです!

19022601_09喜びを伝えてくれる山本さん

モモそれは確かにうれしいかも…!!

山本さん家事代行サービスを行う事業者さんにとっても
カメラで録画 されているということは、
よい緊張感を保て、 安心につながると考えています。

モモそれはそうですね。
お互いとっての安心ってことですよね。

山本さん大事なことなんですが、
いままでの家事代行やハウスクリーニングは、
基本は立ち合いだったと思います。

でもそれだと、
本当の意味で自由になっていない気がします。

モモわかります。

お金を払ってお願いしている作業ですが、
お仕事している人の横で、
ただずっと待ってるのって、気まずいし、
その時間って有効活用しにくいですもんね。

山本さんそうなんです。
でも立ち合いから開放され、
自由な時間が増えたと実感したとき、
そこで本当の意味で
時間を創造するサービス〟なんだなって!

モモわぉ!
山本さんの喜びがモモにも伝わってきました!

19022601_10

山本さん(笑)

でもこの感動、
みなさんにもぜひ体験してほしいんです!

<後編に続く(3月5日公開予定)>

モモなびの更新情報をお届けします。

ページトップ