モモがきく 2019.06.18 「算数が大好き!」 論理的思考を育む画期的ドリルをつくった横井さんの〝算数人生〟【後編】

ロボット・プログラミング学習キット「KOOV」をはじめ、テクノロジーを駆使して教育分野でのイノベーションに挑戦するソニー・グローバルエデュケーション。後編は、『5分で論理的思考力ドリル』担当の横井さんの人となりや、愛溢れる〝算数人生〟についてモモが聞いちゃいました。

モモモモです。横井さん、
後編もよろしくお願いいたします!

横井さんこちらこそです(笑)!

19061801_015分で論理的思考力ドリル」を持つ二人

モモ改めまして、
算数が大好きな横井さんの部署名や
肩書きを教えてください。

横井さん所属は未来教育事業部技術課です。
肩書きは、世界算数プロジェクトリーダー、
チーフコンテンツクリエイターです。

モモ未来教育事業部技術課」ってかっこいい!
そしてこの「世界算数」ってなんですか?

横井さんソニー・グローバルエデュケーションが
2014年から開催・運営している
オンライン算数コンテストです。

モモそんなコンテストをやられているんですね。

横井さんこれまで30万人の参加があった
世界最大規模の算数コンテストです。

モモ世界最大規模! すごいです!

横井さん5分で論理的思考力ドリル』にも
世界算数で得たノウハウが、
たくさん詰まっているんですよ。

モモ横井さんは世界算数では、
どんなことをしているんですか?

19061801_02根掘り葉掘り聞くモモ

横井さんはい、問題をつくったり…。

モモえ、問題を!

横井さん実は私、
算数の問題をつくりはじめて、
15年くらいのキャリアがあります。

モモベテランじゃないですか。

算数の問題って誰がつくっているんだろうって
いつも疑問に思ってました(笑)。

横井さん大学時代のアルバイトで
つくり始めたのが最初です。

モモアルバイトで!?

てっきり、
どこかの偉い先生が
つくっているんだとばかり。

横井さん当時あった求人誌で
募集を見つけて応募したんです。

モモそんな求人があるんですね…。

横井さん教材開発だったかな。

モモモモだったら絶対に応募しない。
だって自信がないもの(笑)!

19061801_03自信がないので応募しないモモ

横井さん当時「算数オリンピック」の答案の丸つけや、
試験会場のお手伝い(試験官)をする会社でした。

その後問題の作成や、
さらに問題監修も担当するようになりました。

モモまた新しい言葉が!
算数オリンピック」ってなんですか?

横井さん小学生以下の子どもを対象とした
日本の算数のコンテストですね。

モモ知らない世界…。

横井さんその会社の繋がりで、
算数オリンピックも事務局として
関わらせていただきました。

実は私も小学生の時に
受けたことがあるんです。

モモすごい、ずっと算数に関わってきたんですね。
ちなみに大学では?

横井さん理学部物理学科です。
素粒子に興味があって。

19061801_04素粒子に興味があった横井さん

モモ素粒子」…!

横井さん小学校の時に、
スーパーカミオカンデをテレビで見て、
これはすごい! と思って。

モモ小学生が素粒子に興味を持つほうがすごいです!!

横井さん高校では物理が好きで。
でも、大学では結局、
素粒子のことはぜんぜんわからず(笑)。

モモ算数にまみれている人生ですね。

横井さんなんだかんだで小学校から
ずっとリケジョでした(笑)。

モモえー! でも、
これまで話を聞いていて、
そんな感じはしていました(笑)。

好きになるキッカケはあったんですか?

横井さん小学校5年の時の塾の先生が出した問題があって…。
あ、ちょっと書きましょうか。

モモお願いします!

19061801_05

横井さんこういうお星さまのような図形があって。
この7個の角度の合計は何度でしょう、というのが
小学5年生の時に私が解いた問題です。

19061801_06

モモこれが小学生の問題!?
こんなの普通は解けないです!

横井さん先生は補助線を引いて
答えを出す方法を教えてくれたんですけど、

私は「内角の和」と「外角定理」を、
自分なりにアレンジして、解いたんです。

そうしたら、先生より私の方が
キレイに解けてるって思えて!

モモ公式や補助線を使わず、
自分なりに考えたやり方で答えを出して、
それがキレイだったってこと??

横井さんはい。
こんな風に、図を一切汚さずに。

19061801_07横井さんが解いた方法。答えは540度。わかりますか?

横井さんそしてそれも含め、
私の方が先生より解き方がキレイじゃん、
 先生に勝ってるじゃん!
」って思ったことが、
私が算数を好きになったきっかけです。

モモうーん、なるほど。
わかるようなわからないような…(笑)。

横井さんわかんないかなあ(笑)。
モモちゃん、算数はキレイなんですよ!

モモあ、はい…。

横井さんモモちゃん、あとね、
算数の面白いところとして、
自分に近いというか、
想像できる話だと、理解力が高まるの。

モモん、どういうことですか?

19061801_08ぐいぐいとせまるモモ

横井さんまた、ちょっと書いてみるね。

モモお願いします!

横井さんこれ、ちょっと有名な問題なんですけど…。
どれをめくればいいか、わかります?

19061801_09

モモ全部裏返して、確認したいです…。

横井さん母音、つまりアイウエオのカードですので、
まずはAの裏は確認しないといけない。

モモはい…。

横井さんあとは、3と4のどちらか?
どっちだと思いますか?

モモえーと、3?

横井さんうん。実は大半の人が3を選ぶんだけど、
答えは4。

実は3の裏は
母音だろうが、子音だろうが、
ルールを確認する上ではどっちでもいいんです。

モモおおー?

横井さんちょっと考えちゃいますよね、この問題。

でもこれ、リアリティが出てくると、
急に変わってきます。

モモどういうことですか?

横井さんじゃあ、これ。
アルコールは20歳以上じゃないといけないルール。
どれを確認しますか?

19061801_10

横井さんもうお分かりですよね。

モモわ、簡単だ!
ビール」の裏と「17才」の裏ですよね?

横井さん現実味があるもの、
身近なものになった途端に、
急にわかるようになるんです。

モモ面白―い!

横井さんねー、算数って面白いし、
役に立つでしょ!

5分で論理的思考力ドリル」ではこんなふうに、
問題をわかりやすくする工夫もたくさんあるんです。

モモとっつきにくかったあの問題が、
表現次第でこんなに簡単になるなんて、
ちょっと感動しました。

19061801_11感動するモモ

横井さんうふふ。 ありがとうございます。

モモ5分で論理的思考力ドリル」をやってみたい気持ちが
さらに高まりました。

横井さん楽しんでね。

モモどうやったら横井さんみたいに
算数が好きに育つんですか?

横井さんあはは(笑)。

モモどんな風に育てられたんですか?
なにか記憶に残っていることがあれば、
教えてください。

横井さんそうですねー。
子どもの頃は名古屋に住んでいたんですけど、
蕎麦を食べに長野や新潟まで車で出かけたり、
リアス海岸を見るために岩手まで行ったりとか…。

モモお父さんと?

横井さんいえ、家族で
毎週のように車で出かけていました。

モモ名古屋から新潟とか岩手とか、
行動力があるご家族ですね!

19061801_12

横井さん父とは、当時流行っていた
クイズ番組『平成教育委員会』を一緒に見ながら、
問題を解き合っていました。

モモモモもよく見てました!

横井さん先にわかったら、
解けたー!」って
自慢げに話していましたね(笑)。

モモ一緒に学ぶ環境があったんですね。
お父さんも理系?

横井さん父は文系でした。
でも、いろんなことに
興味のある人のような気がします。

モモお母さんは?

横井さんわからないことがあって質問すると、
辞書を持っておいで!」と言って、
一緒に調べてくれるような人でした。

モモいいですね。
ただ教えるだけではなく、
一緒に調べるっていうところが、
寄り添っている感じがしてすごくステキです。

横井さん母も学ぶのが好きみたいです。
だって実は今、母は大学生なんです。

19061801_13

モモお母さんが大学生!?

横井さん子供が手を離れたからと、大学に行って、
日本の美術史的なものを学んでいます。

モモ横井さんのお母さんっぽい!(笑)

横井さん変ですか?(笑)

モモすごくいいです!

行動力のあるお父さんと、
一緒にクイズ番組を楽しんだり、
質問をしたら一緒に調べてくれる、
学ぶことが大好きなお母さん。

教育はもちろん、親の生きている姿勢が、
子どもにとって大事なんだとしみじみ思いました。

横井さんそんなに感動してくれると
ちょっと恥ずかしいです…。

モモだから「5分で論理的思考力ドリル」も、
お子さんと一緒にやってほしいということなんですね。

19061801_145分で論理的思考力ドリル」を読む2人

横井さんそうですね、そうすることで
算数が好きになってくれると嬉しいですね。

モモ今回、子どもに算数を好きになってもらいたい
お母さん向けの記事をつくろうって取材に来て、
本の紹介がメインかなあ、って思っていましたけど、
この横井家の子育て論を中心にしても面白いかも!

横井さんモモちゃん、本の紹介もよろしくね(笑)!

モモはーい!

算数が大好きな横井さんが作った、
面白くて楽しくて、
しかも論理的思考力が鍛えられるドリル
好評発売中でーす!

自分で考える子どもになる
5分で論理的思考力ドリル ちょっとやさしめ

今までに30万人が参加した世界算数のチームが作る論理的思考力ドリル。世界算数で大好評の、難しいけど考えたくなる問題を集めたドリルです。

考えるって、超面白い
5分で論理的思考力ドリル

今までに30万人が参加した世界算数のチームが作る論理的思考力ドリル。世界算数で大好評の、難しいけど考えたくなる問題を集めたドリルです。

モモなびの更新情報をお届けします。

ページトップ