モモがきく 2019.09.03 AIでつくるタクシー業界の未来。ソニーの配車アプリ「S.RIDE」の挑戦【後編】

タクシー大手5社とソニーが出資する事業会社みんなのタクシーは、2019年4月から配車アプリ「S.RIDE」を使ったサービスを開始しました。ソニーがタクシー業界とともに目指す将来像などを、発起人の一人である蜂須賀さんにモモがインタビューしてきました。

モモS.RIDE」の特徴をほかにも教えてください。

後編もインタビューはなごやかにはじまりました

蜂須賀
さん
使っていただいているお客さまに評価されているのは、
タクシーを呼びたいと思った時、
アプリを立ち上げてワンスライドするだけで、
呼べるところですね。

モモわ、ほんとだ! 超カンタン!

モモもワンスライドに挑戦!

モモこれ目的地はいつ入力するんですか?

蜂須賀
さん
配車が決まってから、
タクシーが来る間に数分あります。
その時間に目的地に入れていただきます。

モモなるほどですね。
これなら時間の無駄がない。

蜂須賀
さん
決済方法も、クレジットカードを登録しておけば、
着いた瞬間に領収書が渡されて、すっと降りられます。

モモ降りるのもスムーズ!

蜂須賀
さん
独自のQRコード決済
S.RIDE Wallet」も提供しています。

後部座席モニターに表示されるQRコードを、
アプリで読み込むだけで決済手続きができ、
こちらもキャッシュレスで、
手間取ることなくスムーズに降車できます。

モモ乗るのも降りるのも、
たしかにスムーズですね。

片手ですっとワンスライドするだけの「S.RIDE」。

蜂須賀
さん
これは言葉で聞く以上に便利で。

Suicaなどの交通系ICカードで
駅の改札を通るのが当たり前になった時の便利さ、
あれに似ていると思います。

テクノロジーによって、
今までちょっと煩わしいと思っていた部分を解消し、
これからの〝普通〟になってくれたらいいですね。

モモモモの勝手なイメージなんですが、
運転手さん側もスマホをタクシー内に
設置して運用している感じですか?

海外の配車アプリみたいな感じかなって…。

蜂須賀
さん
いえ、タクシー事業者さまごとに無線システムや
コールセンターの運用など違いますので、
それぞれのスタイルに合ったカタチで
個々に調整させてもらっています。

モモ事業者さんごとにシステムが違うんですね!
それは調整が、たいへんそうです…。

蜂須賀
さん
はい、まあ、結構…(笑)。

でも、タクシー事業者の方々と関わるようになり、
彼らが〝道路輸送の安全〟を
築き上げてきたんだと実感しまして。

さらりと苦労を語る蜂須賀さん

モモ道路輸送の安全」ですか。

蜂須賀
さん
はい。法律や国の規制の中で、
お客さまを安全に運ぶ〟という価値を
一義にやってきたタクシー事業者の方々です。

その彼らの価値を守り、
さらにはノウハウを生かすことの重要性を
実感しまして、今は苦労だと思っていません。

モモタクシー配車アプリって、
タクシー事業者以外の業種からも
提供されてたりしますよね。

でもやっぱり〝餅は餅屋〟じゃないけど、
タクシー事業者にはタクシー事業者ならではの
たくさんのノウハウがありそうですよね。

蜂須賀
さん
はい、運転履歴など、
今はすべてがデータで管理されています。

そういうものをベースに、
ベテラン運転手のノウハウ、経験なども、
ソニーが培ってきたITや、
AIの技術で活用していきたいと考えています。

モモベテラン運転手さんの
脳内データベース〟をAIで活用するんですね!

蜂須賀
さん
まず今年の秋ぐらいを目処に、
需給予測のサービスを始める予定です。

モモ需給予測」ですか?

蜂須賀
さん
これは主にAIを使って、
どの時間帯に、
どういった場所で、
どの程度の需要が発生するのかを予測するものです。

モモつまりタクシーに乗りたいお客さんが、
いつ、何処にいらっしゃるか、
AIで予測するってことですね。

蜂須賀
さん
一義的には運転手さんが使う機能ですが、
結果的にはお客さまにとって、
より空車がつかまりやすくなる機能でもあります。

モモどんどん進化しますね!

蜂須賀
さん
急な雨など天候次第で
タクシーに乗る人は増えます。
電車の遅延でもタクシーに乗る人が増えます。

そういうときに
タクシーが〝流し〟でお客さまを探す、
お客さまが路地から大通りに出てタクシーを探す、
さらには渋滞に巻きこまれてしまう可能性など、
無駄な部分はまだ多いのでは、と思っています。

モモそこでAIの出番なんですね。

蜂須賀
さん
そういう時に、どこに需要があって、
どこに行けばお互いに効率的なのか。

AIを使って改善できるところは
大いにあると思っています。

モモなるほど。

蜂須賀
さん
タクシー業界とAIを
きちんと結びつけることによって、
例え話ですけど、
ずっと人が乗り続けている
稼働率100%のタクシー
ができたりしたら産業構造も変わるし、
乗る側の利便性はもちろん、
コストパフォーマンスも上がってくる気がするんです。

モモタクシー業界とAIが結びついたら
まだまだ可能性が広がるってことですね!

蜂須賀
さん
その通りです。

モモそうそう最後に。
S.RIDE」のおすすめの使い方ってありますか?

オススメの使い方を聞くモモ

蜂須賀
さん
そうですね…。

雨の日など、
電車の中から、降りる一駅前あたりで
アプリからタクシーの手配をするのはどうでしょう。

タクシー乗り場に列ができていても、
並ばずにすっと乗れますので、かなり便利ですよ。

モモおー、なるほど!
その使い方は便利かもです!

ちなみに、その技の名前は?(笑)

蜂須賀
さん
そうですね。
一駅前スライド〟とかは?

モモうーん、イマイチかも!(笑)

苦笑する蜂須賀さん

蜂須賀
さん
厳しい(笑)!

モモあはは。いえいえ、
ステキな名前だと思います!

今日はインタビュー、ありがとうございました。
S.RIDE」で「一駅前スライド」、
モモも使いますね!

東京最大級のタクシーアプリ
S.RIDE

東京の日常は忙しい。だから、移動はもっと簡単にしたい。S.RIDE(エスライド)はそんな忙しい人のためのタクシーアプリ。ワンスライドでタクシーを呼んで、東京最大級のネットワークから一番近くの車両をすぐ配車。決済もキャッシュレスでスピーディに。東京の移動が、ちょっと、もっと快適になるアプリです。

モモなびの更新情報をお届けします。

ページトップ