news 2018.07.06 スマートフォンでカギを操作できるスマートロック新商品「Qrio Lock」をモモが体験

スマートフォンでカギの操作ができるようになるデバイス「Qrio Smart Lock」。2018年7月5日(木)にさらなる進化を遂げた新商品「Qrio Lock」が発売されたということで、早速モモが体験してきました。

18070601_01ここがオフィス。なんともおしゃれな雰囲気です。

Qrio Smart Lock」は、扉の内側にあるカギの部分に取り付けることで、スマートフォンからカギの開け締めができるようになるという商品。

つまりこれがあれば、家のドアとカギはそのままで、スマートフォンが「家のカギ」になるという便利アイテムなんです。

18070601_02ドアに「Qrio Smart Lock」を設置した様子

これまでも人気を集めていた「Qrio Smart Lock」ですが、2018年7月5日(木)に発表された「Qrio Lock」は、さらに快適さを追求して進化した新商品とのこと。早速紹介させていただきます!

まずはデザイン。オーバル形状と落ち着いたカラーリングで、高級感がグッとアップしています。同時に本体が少し薄くなり、大幅な軽量化も実現したそうです。

18070601_03

そして反応速度。旧製品ではスマートフォンを操作してから解施錠動作までに2、3秒かかっていたものが、「Qrio Lock」ではスマートフォンを操作した瞬間にカギが開くように。確かに、早い!

18070601_04反応の速さに驚くモモ

またオートロック機能もさらに進化。これまでは施錠までの時間設定をアプリで行っていたものを、「Qrio Lock」ではマグネットセンサーを付属。ドアが閉まった事をセンサーが検知すると、自動で施錠するようになりました。

さらに新しく追加したハンズフリー機能では、文字通りスマートフォンさえ持っていれば、アプリを操作することなく、近づいただけで自動でカギが開くように! これはスゴイです!

18070601_05スマートフォンが近づいただけで、自動でカギが開くのです。

この2つの新機能によって、自動でカギが開き、自動で施錠されるという、これまで以上に快適な環境を「Qrio Lock」は実現したのです。

いずれもスマートフォンを出す必要がないのがうれしいですね。

18070601_06Qrio Lock」をドアのカギに取り付けるだけで。

また、8月には開閉ボタンのついたQrio Lockのリモコンキーもオプション品として発売予定。スマートフォンを持たないお子さまや、高齢者の方の使用にも配慮しています。

ただでさえ便利なアイテムが大幅に進化した「Qrio Lock」。さらに詳しい機能や開発の背景などは、近日公開予定のインタビュー記事にて紹介の予定です。

Qrio株式会社Lock事業部 事業部長の高橋さんにモモがたーっぷりインタビューしてきましたので、こちらもお楽しみに!

モモなびの更新情報をお届けします。

ページトップ