news 2018.07.24 「やりたいことって、どうやって見つけるの?」神田女学園のキャリア講演会に行きました。

6月25日、都内にある神田女学園でキャリア講演会が開催されました。登壇したのはソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社の社員、須藤真里奈さん。学生時代のこと、そして社会人としてのこれまでの経験を女子中高生に披露。モモ妹も一緒に会場を盛り上げました。その様子をモモなび編集部がお届けします。

神田女学園では、“未来につながる女子教育”を大切に、キャリア教育に力を注いでいます。その一環として年に数回、社会で活躍するさまざまな職種の方を招き、講演会を開催しています。

18072402_01明治23年創立の、伝統ある中高一貫の女子校です。
18072402_02講演当日は、中学1年生から高校3年生まで約350人が、講堂に集まりました。

登壇したのはこの二人。

18072402_03写真左:モモ妹、写真右:須藤さん

かわいい!」「あのクマ、見たことある〜」モモ妹が登場するやいなや、聞こえてきた大歓声!モモ妹の人気もまだまだ捨てたもんじゃありません。

そしてこちらが、事業管理部経営管理課の須藤さん。会社の安定経営と、健全な成長を支えるため働くメンバーのひとり。

18072402_04

今回のテーマは、「やりたいことにどう出会うか」。貴重な授業時間から45分もらい、生徒さんたちがこれから迎えるちょっと先の未来について、語ります。

みなさんは将来、やりたいことはありますか?」須藤さんの問いかけに、たくさんの手が!さすが、キャリア支援に力をいれている神田女学園の生徒さん!

18072402_05元気よく手が上がっています

中学・高校時代はまだ、やりたいことが見つかっていなかったという須藤さん。模索する大学時代のエピソードが次々と披露されます。

ゼミでのプレゼンのこと。ミスコンで準ミスに選ばれたこと。それを機に他大学のミスキャンパスと立ち上げた団体で、世界の恵まれない子供たちの支援に取り組んだこと。そして自身は失敗だったと振り返る、本の出版などなど。

18072402_06生徒さんの手元にはワークシートが配られ、みんな熱心にメモを取りながら、話に耳を傾けます。

真剣な眼差しに応えるように、話に力が入る須藤さん。尊敬できる人との出会いの中で、やりたいことが見つかったといいます。So-netも、その出会いの一つでした。

編集長として携わったオウンドメディア立ち上げの苦労など、バイタリティあふれる須藤さんの体験を、みんなはきっと自分の未来を重ねながら、聞いてくれたのではないでしょうか。

18072402_07

ところでみなさんは、なぜ勉強するのでしょう?」会場に向けて問いかけます。「なぜ勉強するの? やりたいことを探す方が大事じゃない?」確かに。みんなの心に「なぜ勉強するんだろう」という"疑問のタネ"が生まれます。

須藤さんが、大人になった今思う勉強する理由、それは“選択肢を広げるため”だそうです。

18072402_14

勉強をすることで、見える世界が広くなる。そしてやりたいことが見つかった時に、それができる環境にいるため。

だから「親に言われたから」ではなく、「先生に言われたから」でもなく、「みんなしてるから」でもなく、「自分のために、将来の選択肢の幅を広げるために」今、皆さんは勉強をしているのだと思います。

18072402_08

やりたいことは、『やりたい』と思った時がタイミング。いつだって”遅すぎる”という事はないと信じています。」応援のメッセージが送られ、講演は終了しました。

ここで再び、モモ妹の登場です。またまた会場から歓声が!先生方の表情も、心なしか和らいでいるよう。

18072402_09少し照れているモモ
18072402_10最後に全員で記念撮影
18072402_11終了後、進路担当者の藤下先生にお話を伺いました。

これまでは看護師や税理士など、いわゆる“士(師)”のつく専門家を招いてお話を伺っていました。ですが社会で働くほとんどの方は、特別な資格を持たないほうが多いと思うのです。

ですから今回は、企業で働く社会人の姿を生徒たちに知ってもらいたいと思いました。今回須藤さんは、ありがたいことに失敗談も含め、ご自身のリアルな話を聞かせてくれました。

生徒たちには失敗をも成長に変える須藤さんの姿をみて何かを感じ、将来に活かしてほしいと思います

後日、生徒さんのアンケートがモモなび編集部に届きました。

18072402_12

失敗を次につなげる姿勢に、心を打たれました!」「逃げずに、努力し続ける女性になりたい!」「改めて、勉強する意味を考えさせられました」他にもたくさん。全部紹介したいくらいポジティブなコメントばかり。

届けたかった想いが伝わりよかったです将来を考えるきっかけとして、少しでもみなさんのお役に立てたら嬉しいです」(須藤さん)

18072402_13ちゃっかり、弊社のサービスの宣伝もさせていただきました(笑)

今日のお話から、少しでもインターネットの世界に興味をもってくれたら嬉しいな。そして、もし、何年か後に再び会えたら…。なんてことが起きたら、ステキですよね!」(モモ妹)

神田女学園のみなさん、ありがとうございました!

モモなびの更新情報をお届けします。

ページトップ