news 2018.09.11 ペットワークス20周年展覧会で、ナウシカと遭遇!?

8月18日(土)から東京・青山のスパイラルガーデンで開催されているペットワークス20周年展覧会「PetWORKsの仕事と野望—All about PetWORKs —」。モモたちポストペットの生みの親でもあるペットワークスの仕事展。プレス内覧会の様子をモモがレポートいたします。

18090401_01会場は青山通り沿いにあるスパイラルガーデン。入口には開催を伝える大きなフラッグが!
18090401_02 1階にあるおしゃれなカフェの周りにあるスペースが展覧会の会場です。エントランスで記念撮影。
18090401_03 モモも受付の方とも一緒にパチリ!
18090401_04ちなみに、エントランスの脇には、こっそりと懐かしいグッズたちも展示されているので、こちらも注目してくださいね!

展示スペースは大きく3つのエリアに分かれていて、まずはペットワークス創業のきっかけとなった、ポストペットの展示エリア「ソフトウエア事業部」から。

18090401_05 こちらには、クリエイターの方々が描いたモモのイラストレーションがたくさん。
18090401_06 おなじみの巨大なモモのバルーンの展示も。
18090401_07 モモ妹のお兄さん、モモ兄とも会場で会うことができました。
18090401_08PostPetVRの体験会も開催。

VR時代のポストペット
PostPet VR

ペットたちの住む家の中に入り、ペットたちと温泉に入ったり、なでたり、遊んだり、そんなことを楽しむアプリケーション。(現在はまだ試作版です)

次は「ドール事業部」のコーナーへ。

ペットワークスが手がける、さまざまな人形があってワクワクしますね。有名アーティストやアパレルブランドとコラボしたドールもたくさんあって、見応え十分です。

18090401_09これらは、ポストペットでアートディレクションを担当してくれた真鍋奈見江さんが手がけている着せ替え人形のmomokoたち。
18090401_1020年を振り返るドール展示は圧巻。
18090401_11ファッションに時代感も現れていて、興味深いですね。
18090401_12 モモをあしらったスカジャンを着た大きな人形もありました。これ欲しいな〜。

そして一番奥が「航空事業部」のコーナー。ここでは「OpenSky」プロジェクトを展示。

ご存知の方も多いと思いますが、「OpenSky」とは、モモの生みの親であり、メディアアーティストの八谷和彦さんが2003年より開始した「ひとりのり飛行具制作プロジェクト」。漫画・アニメ『風の谷のナウシカ』に登場する飛行機「メーヴェ」をモチーフに取り組んできたもので、実際に製作し、さらに空を飛ぶことにも成功しているんです。

18090401_13今回は、その実機「M-02J」を展示。かっこいいですね。

え、ナウシカも!?

18090401_14メカニカルなマスクはアーティスト池内啓人さんの作品。とりあえず一緒に記念撮影
18090401_15この日は八谷さんもいらして、自ら「M-02J」の説明をされていました。
18090401_16 フライト中の視点を体験できる映像作品「きみはテトver2018」
18090401_17 パイロット養成用に2018年に制作された新作「M−02JフライトシミュレータVR版」
18090401_18寺田克也先生によるライブドローイング(絵画は会期中展示)

ペットワークスのすべてがわかる充実の内容で、会期中にまた来たいなあ、と思うモモでした。

18090401_19以上、現場からレポートでした!

モモなびの更新情報をお届けします。

ページトップ