ピンクリボンのこと 2018.02.13 ピンクリボン in 東京・府中市2017【イベントレポート】

2017年10月10日、「ピンクリボンin東京・府中市2017」のお手伝いに、モモ妹が府中に駆けつけました。その様子を編集部がレポートいたします。

ピンクリボンin東京」は、東京都による乳がん検診の普及啓発事業。今回の会場は、京王線府中駅から徒歩1分「商・公・医・住一体型の複合施設『武蔵府中 LE SIGNE (ル・シーニュ)』にある、府中市市民活動センター「プラッツ」でした。

プラッツ」は2017年7月にオープンしたばかりで、市民活動やNPOなどについての質問・相談窓口や起業支援コーナー、キッズスペースやカフェなども併設されている施設です。

17122001_01

モモ妹は、お客さんのお出迎えなどのお手伝い。「専門医による講演会」「ドクターの安心トーク」が行われた講演会場は、聴講席を急きょ増設するほどの盛況ぶりで、皆さんの関心の高さを伝わってきました。

17122001_02

隣の会場では、5つの団体がブースを出展していましたので、順にご紹介します。

東京都さんは、乳房視触診モデル体験を実施。モモ妹は今回も挑戦! しこりをじっくり探していきます。10月2日の文京区でのイベントで体験したばかりだったということもあり、今回はすべて自力で見つけることができました。

17122001_03

認定NPO法人 乳房健康研究会は、今回「専門医による講演会」を担当された聖マリアンナ医科大学ブレスト&イメージングセンター院長 福田譲先生が理事長を務めていらっしゃいます。

乳房健康研究会による「ピンクリボンアドバイザー認定試験」は、今年第6回を迎え、現在では有資格者が8,000人を超えたとのこと。試験を通じて、乳がんについての正しい知識を身につけることができます。モモもいつか受けてみるかも…!?

17122001_04

府中NPO登録団体である「ピアサポートふちゅう なでしこおしゃべりサロン」さんは、「なでしこyoga」や「がん体験者とのおしゃべりサロン」など、気になっていることや不安な気持ちをがん体験者(ピアサポーター)と一緒に話せる場を提供しています。

17122001_05ブースでは、直近で開催されるイベントのチラシを配布していました。

府中がんケアを考える会」も府中NPO登録団体のひとつ。主な活動内容は、緩和ケアやホスピスケア、在宅でのケアについての講演会と勉強会、患者会の開催などです。

がんは患者さんご本人にとってはもちろん、支えるご家族にとっても大きなこと。こちらのブースでも、直近の講演会や勉強会のチラシなどを配布していました。

17122001_06

府中市さんのブースでは、禁煙促進のほか様々な健康づくりのための冊子を配布するとともに、各種がん検診の受付を行っていました。モモもその場で申し込み。思い立ったが吉日です。

17122001_07乳がん検診は40歳以上が対象のため、子宮頸がん検診を申し込みました

定期的な検診受診が大切と思っていても、なかなかきっかけが掴めなかったり、ついつい後回しにしてしまったりする方も多いと思います。

この記事を読んでくださったことをきっかけに、40歳以上の方は2年に1回の定期的な乳がん検診受診を、39歳以下の方は自己触診による定期的なセルフチェックを意識するようになってくれれば、とても嬉しいです。

モモなびの更新情報をお届けします。

ページトップ