ピンクリボンのこと 2018.10.16 「サイコオンコロジー」ってなんですか? 日本の第一人者・保坂隆先生に聞きました。

ピンクリボンシンポジウム2018で、ひときわ注目の講演がありました。タイトルは「どう考えたら『乳がんになって良かった』と思えるのか?」。登壇された保坂隆先生を講演前にモモが直撃。わかりやすくご説明いただきました。

18101601_01写真左:保坂先生、写真右:モモ妹

モモ保坂隆先生、講演前の貴重なお時間、
ありがとうございます!

それにしても、かなり衝撃的なタイトルですね。

保坂先生そうですね(笑)。
まずは、その前に、私の専門である
サイコオンコロジー」について簡単に説明しますね。

モモ保坂先生のプロフィールを拝見しますと、
保坂サイコオンコロジークリニック院長、
聖路加国際大学臨床教授、
前聖路加国際病院リエゾンセンター長
精神腫瘍科部長とあります。

でも、サイコオンコロジーという言葉は、
初めて聞いたかも…。

保坂先生サイコオンコロジーを訳すと精神腫瘍学となります。
なんとなく伝わりますか?

モモうーん??
イメージがつかないです…。

18101601_02

保坂先生あはは。そうですよね。
患者さんの診療科でいいますと、精神腫瘍科。

腫瘍(がん)患者さんのための精神科
みたいなイメージです。

モモ先生、もう少しわかりやすく言うと?

保坂先生もっとわかりやすくいうと、
癌患者さんや、その家族の
心のケアをする診療科というのが、
僕が考える定義です。どうですか?

モモはい、だいぶ理解が進みました。

保坂先生各都道府県のがんセンターにある精神科は
がん患者の心のケアをするという意味で、
実質的には「精神腫瘍科」ではありますが、

それ以外で、
例えば総合病院や大学病院で
精神腫瘍科を設置しているのは、
僕が知っている限りでは国内では1カ所だけですね。

18101601_03

モモまだまだ少ないんですね。

保坂先生そして私のクリニックである
保坂サイコオンコロジークリニックは、
おそらく、現時点では国内唯一の
専門クリニックになるかなって思っています。

モモすごいです!

ちなみにどういう時に受診するのが良いのか、
聞いてもいいですか?

保坂先生そうですね。
では乳がんの場合で説明してみますが、
まず乳がんは、ほかの部位のがんに比べて
告知する率が高いがんだと思いますが、

どんながんでも、告知されると、
患者さんは当然ショックを受け、
精神的に落ちてしまう。泣いてしまう。

モモそれはそうです。
がんって言われるとショックじゃないですか!

保坂先生でも、それがだいたい2週間くらいで、
ショックの状態から立ち上がってくる。

がんではない自分から、
がん患者である自分へと適応していくんです。

18101601_04

モモ2週間で適応するんですね。

保坂先生はい。だいたい2週間くらいですね。

たとえば、適応レベルの行動の中には、
情報を集める、
説明をちゃんと聞く、
セカンドオピニオンを求める、
などがあります。

それができていないときに、受診してもらいたいです。

モモあ、そういうことなんですね!

保坂先生そうなんです。

18101601_05

保坂先生あとはずっと泣いているとか、
眠れないとか、
食欲がないとか、
うまくこれから先の治療を選べないとか。
そういう時も受診のきっかけかなと思います。

モモよくわかりました。

がんの告知で心理的ショックを受けて、
うまく立ち直れないとき、
サイコオンコロジーに相談するといい
ってことなんですね。

保坂先生そうです。
同じように、治療を続けていながらも、
精神的に落ち込むことがあります。

たとえばホルモン療法をすると、
更年期障害的なものが起こるので、
その中には鬱が入っている。
急に悲しくなって涙が出たり、
憂鬱で外出したくなったりするとか。

そういうのは、
がんと言われた心理的ショックで鬱になるのと違って、
ホルモン療法により女性ホルモンをカットされる
ことにより起こってくる鬱なので、
そんな時は絶対に来ていただきたい。

モモそれはどうしてですか?

保坂先生鬱は絶対に見逃しちゃいけない、
治さなきゃいけないもの。

なぜか?
それは鬱になると、
免疫機能が下がって、がんの進行が早くなるから。

モモえ!
がんの進行が!?

18101601_06

保坂先生ですので、いつもと違って
元気が出ない、食欲がない、眠れない、
という時には、
鬱かもしれないと思って、
必ず受診してもらいたいんです。

モモそうなんですね!

でも、普通の人は心にダメージを受けたからって、
なかなか病院に向かわない気もします…。

保坂先生はい、では、ここからは
カウンセリングの話をしましょう。

みなさん、ご自分の行動を振り返って
あれをしたからいけなかったのか」とか、
ペナルティでがんになってしまったのか」など、
すぐ原因探しをしたがる。

モモわかります。

保坂先生でも、乳がんは多因子疾患で、
遺伝や生活習慣、食べものなどの合計点で
出てきている病気だと考えると、
原因探しはあまり意味がない。

この後の僕の講演でも話ますけど、
原因探しより〝意味〟を探しましょう」というのが、
割とカウンセリングの中心テーマになっています。

18101601_07

モモ意味を探す?

保坂先生例えばですけど、
ものすごく忙しく仕事をされてきた人が
がんになって治療のために
仕事を1、2ヶ月休まなきゃいけない場面って、
現実でも多いと思うんですけど、

モモそうですね

保坂先生こういう時は、
実は休めっていう意味かもしれない」とか、
今まで働きすぎていたんじゃないか、
 病気がそれを教えてくれているんじゃないか

という風に意味づけしてみる。

すると原因を探していた時よりも、
意味を探している時の方が、
絶対にプラス思考になっていく。

モモなるほど。

保坂先生ナースで乳がんになった人は
自分がもっと乳がんの人の心理に詳しくなるために、
 勉強の機会を与えてくれたんだ
」とか。

夫婦仲が悪い人だったら、
夫婦仲をもう一度修正しなさい
 という意味があるのかもしれない

という風に思うと、
ものすごい先にはですけど、
病気になったことへの感謝までできるようになる。

乳がんになってよかったと
思えるようになっていくんです。

18101601_08

モモそういう心の変化が起こるんですね…。

保坂先生今日の講演タイトルは
どう考えたら
 『乳がんになって良かった』と思えるのか?
」です。

一見「えっ?」って思うようなものなんだけど、
僕の外来の患者さんは、
不思議なことに、いつかは、
みなさんそうなっていきます。

モモがん患者さんのご家族の方を
対象にすることもあるんですか?

保坂先生はい、もちろんあります。
ある研究によりますと、
乳がん患者さんの30%はちょっと心理的に辛い状態、
つまり軽い鬱状態にあるというデータがあります。

同時に、そのご主人も同じテストをやったならば、
なんと40%という数字が出るそうなんです。

モモえ、患者さん本人より多いんですか!?

18101601_09

保坂先生これは多くの研究でわかっていることなんだけど、
患者のそばにいる人たちは、
自分ではどうすることもできなくて、
歯がゆくなってしてしまう。

家族など周りにいる人の方が、
焦燥感を感じてしまい、不眠など、
体や心に影響が生じてくる可能性があるんです。

モモだから、
そういう人にも来て欲しい、と。

保坂先生はい。そのために、
夫婦療法」というものもあります。

乳がんだと言われた時、
奥さんの頭に死がよぎるのと同時に、
実は夫にも死がよぎる。
老後は一人になっちゃうのかな」とか。
すると、その後、家では(怖いから)
がんのことを話せなくなってしまう。

そういうご夫婦に、
その気持ちをお互いに語らせることによって、
それ以降は家でもがんのことを話せるようになる。

モモそういう治療もあるんですね。

保坂先生そこに子供を入れた「家族療法」、
乳がん患者さんを集めて行う
グループ療法」などもあります。

ピンクリボンシンポジウムなどは
まさに同じようなものですね。
知り合いや仲間ができて、
悩みを語り合えるようになる。

18101601_10

モモじゃあ、会場にある「なかまCafé」の活動は、
とても良い影響があるんですね!

保坂先生その通りです。

モモ最後に、今後の展開を教えてください。

保坂先生がんの拠点病院は全国に400ヶ所あるのですが、
そこにはがん患者さんのための
相談室の設置が義務付けられています。

そこに常駐する相談員さんと
スカイプなどを使って連携し、
悩んでいる患者さんやその家族を
一人でも多く救っていきたいですね。

モモそれはいいアイディアですね!

それが実現すれば、
多くの患者さんの心が軽くなっていくし、
治療もスムースになっていくと思います。

先生、今日はありがとうございました!

18101601_11最後に恒例の記念写真!

モモなびの更新情報をお届けします。

ページトップ